今年度はじめての少年会実技勉強会

コロナウイルス関連記事


今年度はじめての少年会実技勉強会

10月11日号

既報の通り、少年会本部(西田伊作委員長)では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、団長会をはじめ親里での各種行事や、「教会こども会」など各地の少年会活動の中止を余儀なくされた。
こうしたなか、今春から動画サイトYouTubeで公式チャンネル「みちのこチャンネル」を開設し、少年会員に向けてさまざまな動画を配信。「少年会員10万人のテレワーク大合奏」といったリモート参加が可能なイベントを実施してきた。
その後、社会生活が徐々に平常化してきたことを受け、「特別企画 鼓笛お供演奏」「立教183年みちの子作品展」などを開いている。

こうしたなか、9月26日午後には、おやさとやかた真南棟4階で、今年度初めてとなる「少年会実技勉強会」を行った。
今回のテーマは「みちのこのうたを使って遊ぼう」。受講者は『いのり』などの歌に合わせて手拍子を打ったり歩いたりしながら、おつとめの習得にも役立つ、リズム感覚を養う遊びを学んだ。

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア