修養科 3カ月ぶり受け入れ再開

コロナウイルス関連記事


修養科 3カ月ぶり受け入れ再開

07月12日号

7月期 188人が親里に

修養科(永尾洋夫主任)は1日、4月期以来、3カ月ぶりに修養科生の受け入れを再開した。男子82人、女子106人の計188人が親里での修養生活をスタートさせている。

教会本部では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策として、5月期と6月期の修養科生の受け入れを中止した。

修養科では、すでに受け入れていた3月期と4月期の修養科生について、マスクの着用や手指の消毒、教室の換気などを徹底するとともに、毎朝の検温、密にならないよう日常生活の中で一定間隔をあけるなど、詰所とも連携しながら細心の注意を払って世話取りを続けてきた。

こうしたなか、「緊急事態宣言」が5月末に解除され、社会活動が徐々に平常化しつつあることを受け、7月期の修養科生の受け入れを開始することになった。

また、7月期に引き続き8月期の受け入れを行うことも、先ごろ発表されている。

たすけ心の涵養と実践

修養科では1日、7月期の始業式を実施。7クラス188人の修養科生が親里での生活をスタートさせた。

今後、9月末にかけて、授業やねりあい、おつとめ練習、ひのきしんなどに励む〝修養の日々〟を送る。

永尾主任は「コロナ禍のさなか、多くの人が志願してくださり、うれしさとともに、親里でお預かりする責任の重さを感じている。できる限りの予防策を講じながら、親神様・教祖にしっかりともたれて、人をたすける心の涵養と実践に励んでもらいたい。親神様・教祖は必ずお守りくださると信じて通らせていただきたい」と話している。


三日講習会の実施も

なお、同じく新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月20日以降の実施を見合わせていた三日講習会も、7月3日の「三日講習会Ⅱ」から講習を再開している。

三日講習会では、講習の再開に際して、感染防止の対策を徹底し、宿舎は完全個室制とする。
また、受講2週間前から受講中にかけて、毎日の検温と健康

 

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア