初の「オンライン講座」好評 天理教里親連盟

コロナウイルス関連記事


初の「オンライン講座」好評 天理教里親連盟

06月07日号

布教部社会福祉課所管の天理教里親連盟(梅原啓次委員長)は5月25日、「TFA式イライラしない子育て」連続講座の“オンライン講座”を初めて実施した。

この連続講座は、同連盟が考案した「天理教里親子育てアプローチ」(TFA)を広く普及していくことを目的に、今年1月から親里で開かれているもの。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2月以降の講座が延期を余儀なくされた。

こうしたなか、不要不急の外出を自粛するよう要請されたことに伴い、家庭内のストレスの度合いが高くなることが不安視される現状に鑑み、今回初めてオンライン形式で講座を開くことにした。当日は講師を含む39人がパソコンやスマートフォンを通じて画面上に“集合”。「子どものほめ方・認め方」についての講座が行われた。

受講者の一人、尾留川ゆかりさん(52歳・秋舘分教会長夫人・北海道厚沢部町)は「初めてのオンライン講座は、思いのほかスムーズに受講できた。おぢばから遠いこともあって、なかなか帰参は叶わないが、今回のような、どこにいても参加できる仕組みはとても良いと思う」と話している。

なお、次回の“オンライン講座”は6月29日に行われる。詳細は同連盟へ。
http://www.tenri-satooya.jp/

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア