心一つにそれぞれの場所でーの学生ひのきしんDAYー

コロナウイルス関連記事


心一つにそれぞれの場所でーの学生ひのきしんDAYー

10月11日号

全国各地の観光地や公共施設などで、道の学生が一斉にひのきしんを行う恒例行事「道の学生ひのきしんDAY」(主催=天理教学生会)。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の現状に鑑み、会場に集まっての開催を取りやめ、それぞれが自宅付近で清掃活動などに勤んだ。
実施形式の変更が決まると、天理教学生会(前川知子委員長)では、事前に告知動画を作ってSNSのツイッターなどで配信。「#一つ空の下でひのきしんを」とタグを付け、例年と変わらず感謝の思いでひのきしんに取り組もうと呼びかけた。
また、各地の教区学生会では、個人でひのきしんをした後、オンライン会議用のアプリを活用した〝オンライン行事〟を開催したところも。場所は違えど、道の学生が一手一つに活動できるよう、さまざまな工夫を凝らした。

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア