時報手配り 261支部で再開へ

コロナウイルス関連記事


時報手配り 261支部で再開へ

08月02日号

感染対策を講じつつ8月2日号から順次

道友社(松村義司社長)は7月25日、定例の代表社友会を本社6階ホールで開催した。
松村社長は席上、『天理時報』の手配りひのきしんを8月2日号から順次再開していくことを報告。43教区261支部の899カ所を拠点に約2万部が手配りされる予定で、ひのきしん者はマスクを着用したり、ポスティングを中心に行ったりするなど、感染対策を講じたうえでの活動再開となる。
松村社長は「中止する前の約半数の支部での再開となる。難しい状況の中でも、少しでもひのきしんをつとめようとする思いは大変ありがたい」と語った。

10月1日発売決定 中島みゆき著の詩集

この後、時報創刊90年記念出版として、シンガーソングライターの中島みゆきさんによる『中島みゆき第二詩集 四十行のひとりごと』を10月1日に出版する旨を発表。これは時報連載の16篇(立教180~182年)に、新たに書き下ろし2篇を加えたもの。現在、10月1日の発売に向け、道友社常備書店32店はもとより、丸善書店やジュンク堂書店系列など全国約500書店での平積み陳列の依頼や、WEB広告の準備を進めている。

また、この代表社友会当日に合わせ、インターネット上に特設ページを開設。詩集の概要や、中島さんのプロフィール、プロモーション・ムービー、Q&Aなどを掲載している。本書は読書会定期配本。

特設ページ「中島みゆき第二詩集 四十行のひとりごと」には、下記からアクセスできる。

https://products.doyusha.jp/9784807306367/

 

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア