本部大祭・月次祭に教会長が順次昇殿参拝

コロナウイルス関連記事


本部大祭・月次祭に教会長が順次昇殿参拝

07月05日号

教会本部では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策として、本部月次祭における教会長やようぼく・信者による参拝を控えるよう促してきた。

こうしたなか、「緊急事態宣言」が5月末に解除され、さらに6月19日に都道府県をまたぐ移動の自粛が全国で緩和されるなど、社会活動が徐々に平常化しつつある。

これを受け、教会本部では今後の本部月次祭の参拝について、6月のかなめ会(直属教会長の会)例会、教区長会議の席上で発表した。

新型コロナウイルスに対する社会全体の取り組みに鑑み、本部月次祭を本来あるべき姿に戻していくうえから、今後の本部月次祭において、各地の教会長が順次昇殿参拝できるようにする。まず、6月月次祭の奈良教区管内の教会長を皮切りに、各地の教会長が年内に一度ずつ、大祭を含めた本部月次祭に昇殿して参拝する予定となっている。

この記事の関連記事

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア