「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事 > 火と水と風と

火と水と風と

〝実りの秋〟に感謝して

(2018年10月21日号)

私の住んでいる所もちょうどこのようにコスモスをたくさん植えてくれていて、その横に稲穂が垂れている光景がみられます。この光景を毎年目にすると何か心穏やかな気持ちになります。今年は台風被害も多かったですが、このようにお米ができています。親神様のご守護に感謝して、ご飯をいただきたいです。(40代女性)

もう秋か、まだ夏か

(2018年09月09日号)

空を見上げることで季節の変化を感じることが出来る。風・雲・朝日・夕日、きれいな青空・夕日でそまった茜色、神様からのプレゼント!(50代女性)

梅雨の花菖蒲に願いを込め

(2018年06月17日号)

写真と記事が合っていて良かった。最後に何処の場所で撮影したのかが書いてあると、ますます行ってみたいと思う。(40代女性)

ページの先頭へ