「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事 > 座右のおふでさき

座右のおふでさき

にち/\に心つくするそのかたわ むねをふさめよすゑハ...

(2018年10月28日号)

自分にとって苦手だと思われる相手でも、一緒に同じ生活・体験をすることで、会話もでき、お互いを知ることができる。(50代女性)

なさけないとのよにしやんしたとても 人をたすける心な...

(2018年07月15日号)

むねからむねへのにをいがけを心掛けて活動しているが、ならぬ理を通っています。人をたすける心が不足していることに気付かされました。強い意志を持って臨ばねばと思います。(60代男性)

どのよふなむつかしきなるやまいでも しんじつなるのい...

(2018年06月17日号)

ようぼくは、病の人におさづけを取り次ぐことができる。神様に働いていただけるのだ。おさづけはようぼくの宝物だと思う。今回の座右のおふでさきを読んで、改めて感動がよみがえってきた。(40代女性)

ページの先頭へ