「天理時報」読者モニター アンケート

視点

「恩返し」考

(2018年10月07日号)

「スーパーボランティア」の報道では敬服しましたが、既に本教では「かしもの・かりもの」の基本的な教えをご教示頂いており、自分に出来るご恩報じ実践の希薄さを反省しました。(60代男性)

恩返しと、互い立て合い助け合いが同義語と感じたことはなかったが、触れ合い、共に行動する過程には助け合いの姿が見られ、恩返しが基本となっていると考えれば納得する。個人的には叔父叔母にさんざん世話になっているので甥の面倒を見た。恩送りができたのではないかと考える。(70代女性)

この稿で私の注目したのは、恩返しに「感謝」というポジティブな面と、負い目や借りといった「心理的負債」の2つの面が考えられる。という記述があり、特に心理的負債は幼児期から蓄積されていくという指摘です。確かに言われるようなことだろうと思われますが、次の[社会間接互恵性」という理論でその恩返しが行われていくという指摘はなるほどと納得させられます。いずれにしても教理的な観点からすれば親神様への恩返しに尽きるということでしょう。(80代男性)

今、私は両親と車で約1時間の場所に住んでいる。年を重ねた両親の事が心配になってきている。だから、私は今を大切にしようと考えている。私が近所の方にしっかり恩返ししたり、また手配りやゴミひろいをしたりする事がまわりまわって私の両親を守ってくれることにつながると考えている。毎週土曜日には実家に帰るようにしており、その時に近所の方に親切にしていただいたり、仲良くしている様子を聞くのは 安心で幸せだ。今回の視点の中の「恩送り」になるのかなと思った。年を重ねるほどに感じる。恩は忘れてはいけない。そして感謝の気持ちを伝えよう。(40代女性)

「スーパーボランティア」と呼ばれる尾畠春夫さんの「恩返しの考え方と行動」がいかに素晴らしいかは議論の余地がない。しかし尾畠さんは世間の評価を求めることはせず、若くして死別したお母さんに喜んで欲しいと思っている。「骨が折れるくらい抱きしめてもらいたい」ということばに私は感動した。(70代男性)

別の誰かに親切にする「恩送り」。自身、阪神淡路大震災に遭い、色々とあったが、その分、自分には面識や関係ない方に対しても、身内のように少しでも分かり合えるようになればと思う。(50代女性)

食品ロス問題に思う

(2018年09月30日号)

我国内で1年間の食品廃棄量が世界全体の食糧援助量の2倍に相当し、世界では人口の11%の兄弟が飢餓状態にあるという実態を考えれば、「物は大切にしなされや、生かして使いなされや、すべてが、神様からのお与えものやで」を胸に刻んで普段の生活に留意しよう。(60代男性)

何時か日本人一人で20人から30人養えると聞いたことがあります。先進国の中でも食糧自給率が低い日本が、と思うと何か切なく感じられます。製造者も消費者もこのことを考えて良い方向に向かいたいものですね。全て自然からのお与えですから。(70代男性)

陽気ぐらしの元となるもの

(2018年09月09日号)

「朝起き、正直、はたらきの三つの苗木を植えました♪」布教所長だった父を尊敬しています。朝起きとは、1日だけ起きたのでは、何にもならない。ずーっと続けて、人の役に立つために早く起きる。正直とは、単にうそをつかないということではない。陰でよく働き、人をほめるのが正直だと、陰ひなたなく働くことが正直。働きとは、心が動かないと実動にはならない。働いたうえに働くことが、真の働きだと教えられました。いまでも私は早起きです。自然と目が覚めることのありがたさ。「さあ、今日もみんなのために動かせてもらう」との思いで1日が始まります。日々陽気ぐらしを。(70代女性)

「恩送り」と「ご恩報じ」

(2018年09月02日号)

自身、阪神淡路大震災を体験した中で、助けて貰ったことはまた全く知らない方へその時その場で助けの一つにでもなるようにと思ったのが、これなんだと思いました。(50代女性)

猛暑の夏 子供たちに伝えること

(2018年08月05日号)

「視点」では、地球温暖化は私たちの生活習慣の問題であると指摘されています。確かに温暖化は、健康にたとえれば生活習慣病と似ているところがあるように思います。私たち一人ひとりの生活習慣(ライフスタイル)を変えていくことが、温暖化防止の決め手であり、その変える方向として、陽気ぐらしの生き方を示されている先生の考え方にはまったく同感です。頭の中でぼんやりと考えていたことを、はっきり文章にしていただけたので、スッキリしました。ありがとうございました。(60代男性)

もっと謙虚であらねばと

(2018年07月15日号)

真柱様も婦人会長様も四月の婦人会総会では「元の理」の大切さについてお話されました。しかし、なかなか本を開いて思案する時間を作らず、、、情けないのですが、こうして時報の中で少し触れていただけると身近に元の理について触れることができ、亀のお話も月と太陽のお話も親神様の大きくて不思議なお働きを感じることができました。(30代女性)

経済学から考えるしつけ

(2018年07月08日号)

時間割引率という概念を分かり易く説明しながら、躾をめぐる親と子の在り方について応用し論じている。子どもおぢばがえりや育成の夏に、3代真柱様の言葉も織り込んでいて大変示唆に富む記事である。(70代男性)

ページの先頭へ