「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事 > 宗教から見た世界(島田勝巳)

宗教から見た世界(島田勝巳)

米大使館エルサレム移転問題をめぐって

(2018年05月27日号)

移す側も移される側も、最近のニュースを見ていても、お互いの自国の主張、特に有利になることばかり言っているように思える。他国のことだから入っていくのもおかしいと言われればそうかもしれないが、もっと両方が上手くいく方法はないのか、とつい思ってしまいます。(50代女性)

宗教を政治利用した顕著な例と思います。宗教は心の教育という本教の世界いちれつ陽気くらしの実践を広め深めていく必要性を感じます。(60代男性)

移民問題と人々の「分断」

(2018年02月25日号)

このような視点は重要だと思います。(50代男性)

ページの先頭へ