「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 単発記事

単発記事

道友社HPリニューアル デザインや内容を一新 ネット...

(2019年02月24日号)

この記事を読んで、ホームページやFacebookをあらためて見てみました。お道の情報提供とにをいがけツールとして、SNS時代に、特に若者向けの広報に工夫を凝らされている道友社の皆さんの努力がよく分かりました。次ページの視点「〝心の糧〟をどう届けるか」と合わせて読むと、道友社さんが進もうとされている方向性がさらによく理解できました。(60代男性)

がん患者の心に寄り添い 緩和ケア認定看護師に「医療功...

(2019年02月24日号)

がんって、なってみると本当に「死」がすぐそこに感じられるもの。私も近くの病院に緩和ケアがあると知り、予約して伺った事がある。ゆっくりとした時間の中で看護師さんがじっくりと私の不安を受け止めてくれ、優しく話してくださった。この苦しさを理解してくださるだけで不安がうすらぐ。専門家だという安心感もあるのだと思う。頼れる場所がある、それが本当にありがたいのだ。この記事で緩和ケアのことを知って、苦しみがやわらぐ人が増えるといいなと思う。(40代女性)

どのような言葉をかけたらよいのか分からなかったとの松尾さんの言葉。そこからたくさんの患者様の声に耳を傾け、今では日々患者様とともに教祖の思召にアプローチしようと頑張っていらっしゃいますね。(70代女性)

ターミナルケアの現場で一生懸命な姿に感服した。(50代男性)

密着ドキュメント「布教の家」寮生の一日 歩くなか見え...

(2019年02月24日号)

インターホン越しに凛とし、溌剌として布教されている男子寮生の姿、路上でにこやかに相手の話に耳を傾けられる女子寮生、お二人の清々しい布教写真を拝見し、清々しい気持ちになりました。(60代男性)

「お道の教えを一人でも多くの人に伝えたい」「目の前の困っている人をたすけたい」それは、ようぼくであればみんな思うことです。この加藤さん、内山さんのお心の真実には、頭が下がります。若い人が少しでも大勢の方をお道につなげてくださることが、天理教の発展になると思います。(70代女性)

布教の家の寮生さんはまさに親神様がお望みくださる「ようぼく」の姿だと思いました。おたすけ心いっぱいの姿に、私も少しでもにをいがけさせていただかなければと思わせていただきました。(30代女性)

私の実家から歩いていける距離に布教の家があります。最寄り駅では路傍講演の風景を見かけます。また、ウオーキングの最中にお一人で神奈流しをされている姿を見かけたこともあります。心が洗われる気持ちになります。(50代男性)

記事を読んで、二人の若い布教の家寮生の姿に、まるで映画かドラマを見たあとのように感動しました。布教活動の苦労や未信仰の人に声をかける勇気、うまくにをいがかかったときの喜びなどがストレートに伝わってきて良かったです。寮生の皆さん、応援しています。がんばってください!(60代男性)

布教の家寮生の求道と布教の日常生活が、一般の読者にも分かりやすく親しみやすく紹介されており、特に若い読者には自らの生き方にも参考になる記事と思われる。(70代男性)

布教の家寮生の奮闘に感動しました。地域のようぼくも寮生と連絡を密にして、応援、サポートすることが大切かと感じました。(70代男性)

故人の遺志を継いで「陽気ぐらし新聞」続く 澤田成徳さ...

(2019年02月17日号)

毎日の実践体験の記事に深い感銘を受けました。(70代男性)

自宅にポスティングされることや、教会で見かけたことがあり、「どこで作られているのかな」と思っていましたが、今回の記事で疑問が解けました。家族で長い間続けてこられたことに頭が下がります。(60代男性)

「陽気ぐらし新聞」は、いま布教師たちに最も多く配布されているリーフレットではないだろうか。この「陽気ぐらし新聞」と出会うことによって、どれほど多くの方の心がたすかっただろうか。今後も故人が書き溜められた原稿が掲載されるそうだが、故人の遺志を引き継いで、今まで以上に多くの布教師たちが「陽気ぐらし新聞」によって布教することが、何よりの恩返しになるのだと思う。(60代女性)

高齢者に寄り添うために 権利擁護と成年後見制度学ぶ ...

(2019年02月17日号)

高齢者支援の注意点は、「支援する側も孤立しないよう専門員と相談しながら支援に当たる事が大切」とされる。私も支部において、支援センターのケアマネや所属教会の会長さんと連絡を密にして、高齢の教友支援を行っている。(70代男性)

地域社会での教会やようぼくの活動に、高齢者支援というのは日本の高齢者社会の到来という実態に即応したものであり、まさに時代の要請でもある。今後とも、この記事の内容からさらなる取り組みへの展開と、読者への広報を期待したい。(70代男性)

みんな元気で〝ピンピンコロリ〟を願っているが、それは100人中3人だと先日テレビが言っていた。それなら亡くなるまで元気で、人さまのお役に立てることをして生きていくのが一番幸せだ。私も近所の老夫婦の見回りをさせてもらっている。(70代女性)

時報活用の取り組み活発に 地域で独自の催し 手配り推...

(2019年02月10日号)

ようぼく成人講座の一環として「天理時報リーディング」の実施は素晴らしい学習で全国の教友たちの息吹きが伝わります。私も参加している例会で「天理時報抄読会」を提案し、さらに実動へとつなげたい。(60代男性)

私も元日号を、以前から天理教に興味がある方に送りました。いつか教会本部へお連れできたらと考えています。(70代女性)

今年も奈良教区社友会に参加させていただき、天理時報の連載から、個人の感想を聞きながら、時報の活用方法、にをいがけ・おたすけに役立っている等の意見交換ができた。なかでも未信仰者に対し、時報の記事を読み聞かせ、解かりやすい言葉で伝えることが必要と新しい発見があった。(50代男性)

詩人を追ったドキュメンタリー映画 国際映画祭10冠 ...

(2019年02月10日号)

吉増剛造詩人のことは知っていましたが、映画のことは知りませんでした。水をテーマとした京都の春夏秋冬、なんてすてきでしょう。ぜひ見てみたいです。(70代女性)

「購読者の増加が道の伸展につながる」 道友社「年頭社...

(2019年02月03日号)

時報購読者を増やすことと時報をようぼく・信者の丹精に活用することがテーマ。教会長は時報の記事の中から月次祭の講話に適した話題を選び、信者さんに伝えてはどうだろうか。記事が信仰のヒントになることの紹介となり、それが購読に結びつくきっかけとなるのではないだろうか。(70代男性)

時報は、おぢばとわが家をつなぐ柱です。(70代女性)

信仰を素直に詠んで おぢば俳句会

(2019年02月03日号)

時報俳壇は、おぢばへの思いがたくさん感じられる句が多いように思います。(50代女性)

世界の先住民について学ぶ ペルーの国会議員招き講演会...

(2019年02月03日号)

お道は世界宗教、あらきとうりよう活躍のためにも、こうした外国大使を呼んだ講演会は素晴らしい。羽ばたけ世界へ。(70代男性)

ページの先頭へ