「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 文化

文化

詩人を追ったドキュメンタリー映画 国際映画祭10冠 ...

(2019年02月10日号)

吉増剛造詩人のことは知っていましたが、映画のことは知りませんでした。水をテーマとした京都の春夏秋冬、なんてすてきでしょう。ぜひ見てみたいです。(70代女性)

心一つに奏で〝日本一〟に 7回目の文部科学大臣賞 天...

(2019年02月03日号)

努力の賜物が結果に出ると思っています。それまでの努力は、決して裏切りません。大勢の方が心を合わせてメロディーを奏でることの素晴らしさ……。メンバー一人ひとりが意識して演奏することは大変なことだったでしょう。おめでとうございます。(70代女性)

天理市舞台の映画公開へ 管内施設・教友が撮影に協力 ...

(2019年01月20日号)

おぢばは家族を題材とした舞台として最適なロケーションだと思います。〝懐の深さ〟という言葉がありましたが、天理は〝懐〟そのものであると、あらためて感じました。ぜひ多くの方にスクリーンを通じて触れてほしいと思いました。(40代男性)

素敵な天理市内の風景をバックに、家族のドラマを描かれているということで、とても興味が沸きました。天理の魅力を知ってもらえる機会にもなると思いますので、とてもうれしいです。(30代女性)

3年ぶり11回目のGP 〝天理サウンド〟高らか マー...

(2019年01月13日号)

以前「輝く挑戦者たち」というDVDを観ました。そのときは、たしか準優勝でしたが、清々しい終え方が印象に残っています。今回は、怪我の方もおられたようですが、良い実りを頂けて良かったですね。(50代男性)

「お金を払ってでも見たい!」と初めて思った音楽が天理のマーチングバンド。毎年の全国大会での活躍は最高のにをいがけだと思います。愛町や教校学園高校はいつまでもあこがれの存在でいてほしいです。(40代男性)

すごいですね。グランプリを取得するまでに、厳しい練習をされたことだと思います。教祖も喜ばれているでしょうね。(30代女性)

10数年前になりますが、偶然「マーチングバンド」の大会を見るチャンスに恵まれました。日ごろの皆さまの熱気、足の運び、心地良い耳への誘い。いまでも心に残っています。「どれだけの努力をされたのか」と思うとき、頭が下がります。(70代女性)

若手音楽家たちの〝登竜門〟 全日本学生コンクール3位...

(2019年01月13日号)

バイオリン部門「小学校の部」第3位の杉谷歩の佳さんの言葉「聴く人の心に届く演奏を、いつも心がけている。将来は、人の心の力になるような演奏家を目指したい」とありました。その志の高さに、胸を突かれる思いがしました。才能が引き出されるのは、環境や練習量、ライバルとさまざまな要因があるでしょうが、天に届きそうな志が第一だと感じました。(50代男性)

新春特集 羽ばたけ! 天理のホープ

(2019年01月01日号)

いろんなスポーツで活躍している人を知る。将来が楽しみ!!世界大会、オリンピック、見逃さないぞ!(50代女性)

定時制で唯一の「金賞」 与えられた環境でベスト尽くす...

(2018年12月09日号)

時報に掲載された集合写真からも「百華繚乱」の演技がいかほど素晴らしかったかが伝わってきた。(60代女性)

厳しい環境の中で、金賞をいただくまで相当なご苦労があったと推察いたします。和をもって一手一つになって、創意工夫された結果が賞になったのはすごいと思います。学生時代に音楽のクラブをしていたので、その光景が思い浮かびます。(70代男性)

ポーランドが親日な訳

(2018年11月25日号)

日本外交にとって厳しい状況が続く中で、「親日」の話題を読んで、日本人として何か心がホッとしました。(60代男性)

当時の日本人からすれば当たり前の親切かもしれないことが、受けた側がずっとそれを受け継いで思っていてくれていることこそ有難い。これからも友好関係を築いていけるよう願う。(50代女性)

日本とポーランドとの友好関係は、有名なユダヤ人のビザの発給をした杉原千畝さんのことで知っていたが、それ以外に最大の理由が第一次大戦後、子供たちの人道支援を第一にしたことが語り継がれてきたことを初めて知り、より感動した。(70代男性)

2年ぶり3回目の「文科大臣賞」 日本学校合奏コンクー...

(2018年11月25日号)

6年前に始まった大会で、3回の文科大臣賞はすばらしいですね。豊かな情操教育と人間性の育成。教えられる部長、コーチ、OBの方々と子供たちの努力が実を結び、大きな賞を頂かれたことに敬意を表します。(70代女性)

運動会の弁当

(2018年10月28日号)

便利な世の中になり、コンビニに行けば何でも揃っている。私は手作りにこそ、母の愛情が詰まっていると考えています。出来合いは、買ったことがありません。そうやって弁当を作り、娘たちも大きくなり、孫たちにも作ってやっています。母の味こそ一番の栄養です。(70代女性)

ページの先頭へ