「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > ひのきしん

ひのきしん

企画特集 テープ『天理時報』創刊40年 利用者に喜ん...

(2018年10月28日号)

この活動が40年にもなる事を、この記事を読んで初めて知りました。ひのきしんをされている方々の、利用者さんへの思いがとてもよく伝わってくる記事でした。私も心に勇みをいただきました。(50代男性)

目の不自由な教友に対して、テープ天理時報は優しいと思います。私も目が悪いですが、耳から教えを頂けることは、目の不自由な方にとっては大きな力になると思います。(50代女性)

この記事には、利用者としての私の感想が載っていました。大した話ではないのですが,
視覚障害者の本音です。(60代男性)

今まで「音訳」「点字」ということに対して、漠然としか知らなかった自分の無知さが恥ずかしくなった。40年もの長い間、変わらずに続いていることへの尊敬と感嘆の想い、またひのきしんに携わってこられた方の誠真実の姿に、心を打たれた。私は、人を目の前にすると緊張してしまい、自分の言いたいことを早く伝えようと焦るあまり、言葉が出てこなかったり、どもったりしてしまう。しかし、音訳ひのきしんならば、もしかしたら落ち着いてゆっくりと話せるのではないか、天理時報を通して喜びを伝えるお手伝いをしたい、私もチャンスがあれば挑戦させていただきたい、と思った。(40代女性)

「目の不自由な人にも、おぢばの時旬の動きを伝えたい」その思いを音訳ひのきしんの方が支え、399人の方が利用されているという。すばらしい(70代女性)

耳の不自由な方のために40年間ひのきしんを続けてこられた皆さんに敬意を表します。けっして苦労と思わず、喜び勇んで作業を続けておられることに、陽気ぐらしの真実のありようを見せてもらいました。(60代男性)

この記事を読んで、「声の新聞」の利用者で読者モニターをされている方がいるということを初めて知った。「利用者に喜んでもらいたい」という心で、40数年間もこのひのきしんに携わってこられている方々の真実の心に感動した。(60代女性)

目の不自由な教友にという、音訳ひのきしん者の人に頭が下がります。ぢばに心をつなぎ、ナレーションは聴く人の心に響きます。長く続けるということは、大変なことです。また、その声を待っておられる人には、ありがたく、その声が頼りです。その情景を想いながら聴かれる人への配慮も感じます。「利用者に喜んでもらいたい」の心で日々つとめておられることに感謝です。(70代女性)
               
目の不自由な方に、テープで『天理時報』を届けるということは、とても地味な活動でありながら、とても意味深いものがあると思います。このような「ひのきしん」が“お道の真骨頂”であり、天理教を支えていると思います。(60代男性)

特別企画 時報の普及活用と手配りのいま ようぼく家庭...

(2018年03月04日号)

時報手配りは、ようぼくほか皆さまの大変なご苦労のうえに成り立つ。大切なひのきしんと感謝しております。お道の丹精はおつとめ、ひのきしん、においがけ、おつくしにつきる。ようぼくの実践は地味ですが手まめ、足まめ、口まめに始まります。所属教会から遠く離れて住んでいるようぼくたちには縦の糸が所属教会、横の糸の大切なひとつは教区の方々の手配りにありです。ようぼくが手配りで顔を会わすことで横の糸がうまく織り成せば教勢の拡大、しいては時報の頒布拡大にもつながつていくのでは。(70代男性)

教会、所属の枠を超えて、つながりを持つきっかけとなり、ありがたい。(40代女性)

私も現在手配りをさせていただいていますが、まだまだ地域の方で手配りをしておられない方が多くいらっしゃいます。紙面にもあるように、一人暮らし、高齢の方たちとお道の話ができるので、是非購読者が増え、地域で教友との絆を強くしたいものです。(70代男性)

教えを頼りに〝川で生きる〟

(2018年05月20日号)

お道の教えを糧に挫折を乗り越えた方のお話はとても深みがあり勇気をもらえる。今年悪天候で経験出来なかった保津川下りに、また足を運ぼうと思った。(40代男性)

保津川下りの船頭へ転身して川で生き、人生の中で学び得たことを話された。河川漂着のゴミ抑制活動では、自然という神様の懐を汚してはならない信念から、保津川内陸部の漂着ゴミ削減モデルと呼ばれるまでに発展させた。教えを頼りに、目の前の事象に一生懸命取り組んできた結果を堂々と話され、天理の教えが会場で十分に伝わったと思わせていただきました。(70代男性)

〝心の病〟への理解深めて「精神の疾患と障害」ひのきし...

(2018年05月20日号)

時報でひのきしんスクールの案内を見た教会長から薦められて、3月のひのきしんスクールに両親が参加した。とてもわかりやすく、知識がついた。と感想を言っていた。本部で行われている行事の案内や、行われた内容がまとめられている記事が見られて有難い。(30代女性)

世界5大陸で〝一手一つ〟に グラフ特集 海外ひのきし...

(2018年05月13日号)

「世界5大陸で“一手一つ”に」というタイトル、そしてそのタイトルを囲むようにレイアウトされた写真から、まさに全教一斉ひのきしんデーが地球規模で実施されたことを実感した。(60代女性)

海外の“ひのきしん”の様子は、その国々の事情を反映しており、興味深く見させていただいております。各国の方々にとっても、他の国の“ひのきしん”が参考になるのではと思います。逆に、日本の“ひのきしん”が学べるものもあるのではと思います。(60代男性)

列島晴天〝感謝の心〟寄せ合って 全教一斉ひのきしんデ...

(2018年05月13日号)

ようぼくとなって9年目で恥ずかしながら、今回はじめて参加いたしました。自教会が熊本・佐賀教区で、現在住まいの名古屋には知り合いがおらず、気おくれがちになっていましたが、主人と愛知教区にて初参加させていただき、晴天のなか気持ちよくつとめさせていただきました。(40代女性)

今回の記事の中ではどうしてもこの内容が一番ですね。全教がすべてひのきしんをさせていただくなか、主だったものの取材をして載せてくださったのでしょうが、いつもながらすごいなあと感動しました。(60代男性)

全国各地でひのきしんをされている様子、とても勇んだ気持ちにならせて頂きました。特に「ひのきしん中に、今度、天理教の話を聞かせてほしいと、頼まれました」という記事に、素晴らしいにをいがけだなあと感動いたしました。私の毎年のひのきしんの一つは老人福祉施設の窓ふき。にをいがけの思いも込めて、笑顔でつとめさせて頂きたいと思いました。(30代女性)

百寿者が語るひのきしんの喜び

(2018年06月24日号)

外薗さんが満100歳で90歳から始めて10年経過。お年を見てびっくりです。私も手配りを始めて7年になりますが、大きな目標ができました。清末さんは夫婦そろって創刊100年までと、皆さんがきちんと目標を持たれているのが大感激です。私はただ手配りだけでしたが、自身の身体に気をつけて先ず、創刊100年を第一目標に頑張ります。(70代男性)

〝ひのきしんの手〟に真心込め 本部勤務者や配偶者によ...

(2018年09月23日号)

洗濯は、汚れを落とすのはもちろんですが、心の汚れも一緒に洗い、徐々に真っ白になってゆく洗濯物を見ると、私も心の垢が取れるようです。私も、神実様のさらしの布巾は、手で洗います。(70代女性)

親子ひのきしんに参加させてもらった際、殿内で布巾を借りてしたのですが、この布巾もきっとこの方たちが作り、洗ってくださっているのかと、身近に感じます。(50代女性)

白衣洗濯ひのきしんと言うものの存在を全く知らなかったので、記事を見て本当に驚きでした。ひのきしんしている人は自分のものは自分で用意していると思っていました。おぢばではいろんな人達がひのきしんをしてくれているおかげで今のようになっているんだなあと改めて感じました。(40代女性)

私も本部勤務者時代白衣洗濯ひのきしんをさせていただいていた。普段の勤務だけではなかなか「おやしきづとめ」をさせていただいていることを実感するのは難しかったが、この時は自分の役割や立場を改めて自覚するいい機会だった。心を無にしてする白衣洗濯ひのきしんはとても貴重で、楽しい時間だった。(40代女性)

人をたすけてわが身たすかる。仕事をしていると土日はどうしても休みたくなる。でも 人のために何かさせていただきたいと常日頃思ってはいた。この記事を読んで、土日の少しの時間でいいから、ひのきしんさせていただこうと思った。幸い、他系統ではあるが手配りしてくださる教会がある。月に一回となりの駐車場の草むしりをされると聞いた。時間が合うときに 参加させていただく事にした。(40代女性)

裏方の仕事を地道にこつこつと、ひのきしんを続けてこられた皆さんには本当に頭が下がります。最も天理教らしい実践の姿を見せていただきました。(60代男性)

あまり知られていない白衣洗濯などのひのきしんに、スポットが当てられた好企画と思います。ひのきしん者の感想も納得がいき同感でした。(70代男性)

昔、修養科に行った父母から、「洗濯場」の話を聞いたり、私自身も学生生徒修養会等に参加した時に、見かけた記憶があります。所謂、縁の下の力持ちの部署であると思います。これからも、時々、この様な記事を目にしたいと思います。(60代男性)

継き当てしている足袋の写真に、目が留まって感動しました。教祖の御言葉、確り守り通し、受け継いでいる様子に、胸一杯になりました。(50代男性)

白衣洗濯ひのきしんを知ることが出来た。心も洗濯され明日の一歩が大きな喜びになっている(50代女性)

ひのきしん者が語る喜び

(2018年09月16日号)

私も手配りひのきしんを年前からさせて頂いているが、対面して教友のつながりをもっと深めていかないといけない。来週から実行しよう!。お道の御用を勇んでつとめていきたい。(50代男性)

ページの先頭へ