「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 管内学校

管内学校

心一つに奏で〝日本一〟に 7回目の文部科学大臣賞 天...

(2019年02月03日号)

努力の賜物が結果に出ると思っています。それまでの努力は、決して裏切りません。大勢の方が心を合わせてメロディーを奏でることの素晴らしさ……。メンバー一人ひとりが意識して演奏することは大変なことだったでしょう。おめでとうございます。(70代女性)

世界の先住民について学ぶ ペルーの国会議員招き講演会...

(2019年02月03日号)

お道は世界宗教、あらきとうりよう活躍のためにも、こうした外国大使を呼んだ講演会は素晴らしい。羽ばたけ世界へ。(70代男性)

大学選手権決勝 天理大ラグビー部 7年ぶり2回目の準...

(2019年01月27日号)

天理ラグビー感動をありがとう。栄冠まであと一歩でした。来年の栄冠を目指して頑張ってください。(70代男性)

競技途中までは、天理大学が有利だと思って見ていましたが、残念です。ただ、試合内容は見ごたえのあるもので、さすが天理大学と言えるものでした。今回の記事は、いろいろなエピソードが取材されており、大変興味深く読ませていただきました。(60代男性)

本当に素晴らしい戦いぶりでした!が、本音はやはり残念……。帝京大との戦いが安定していただけに、かなり期待してしまいました。〝一手一つ〟という言葉がとても心に響いた期間でした。(40代男性)

伝統の活躍が再び観られて感動した。一般社会の人々に向けても、結構なにをいがけになったと思われる。来年度も楽しみである。(70代男性)

試合の感動を紙面から味わえました。特に、一般紙やスポーツ紙では知ることのできない「時報」ならではのお道の視点からの記事、たとえば島根キャプテンの幼いころのエピソードや天理教関係者からの寄稿などが良かったです。(60代男性)

準決勝で王者帝京大に勝ち、初めてテレビですべて観戦できたので興奮して喜びが爆発した。迎えた決勝戦もテレビで観戦していたが、もう少しのところで優勝に届かなかった。しかし、来年以降に楽しみが出来たと思う。(70代男性)

日本一を目指して練習して試合で戦ってきた皆さんは素晴らしいですね。若いっていいですね。(50代女性)

ちょうど、テレビをつけたらラグビーをしていました。天理ということで力が入りました。負けはしましたが、優勝と同じようにすばらしい試合でした。これからは、下級生が日本一を目指して頑張ってくれると思います。(70代女性)

普段あまりラグビーを見ない私でも注目して見させていただきました。高校野球や柔道のように強豪と言われるチームに育ってもらいたいと思いました。これからも注目していきたいです。(30代女性)

大健闘に感動した、来年こそは悲願の日本一。(60代男性)

島根主将は父・忠雄さんの親友、小賀野さんへの思いを常に抱いて頑張って来られたのかも知れない。沢山の人々の応援に応えるために奮闘するラガーの厳しさが、痛いほど感じられた。(70代女性)

今回の大学選手権はすごく気になっていました。前半は一方的な展開でしたが、後半に挽回し、あと1トライまで詰め寄りました。来年こそ優勝してほしい。頑張れ天大(50代男性)

縁浅からぬ明大との決勝では惜しくも敗退しましたが、今迄一度も勝てなかった大学絶対王者の帝京大との準決勝では、明らかな体力差を跳ね返し、一体となって押すスクラムはまさに天理スポーツ魂が「一手一つ」なって現れた成果と思います。(60代男性)

定時制で唯一の「金賞」 与えられた環境でベスト尽くす...

(2018年12月09日号)

時報に掲載された集合写真からも「百華繚乱」の演技がいかほど素晴らしかったかが伝わってきた。(60代女性)

厳しい環境の中で、金賞をいただくまで相当なご苦労があったと推察いたします。和をもって一手一つになって、創意工夫された結果が賞になったのはすごいと思います。学生時代に音楽のクラブをしていたので、その光景が思い浮かびます。(70代男性)

2年ぶり3回目の「文科大臣賞」 日本学校合奏コンクー...

(2018年11月25日号)

6年前に始まった大会で、3回の文科大臣賞はすばらしいですね。豊かな情操教育と人間性の育成。教えられる部長、コーチ、OBの方々と子供たちの努力が実を結び、大きな賞を頂かれたことに敬意を表します。(70代女性)

秋の味覚たわわに 天理幼稚園「ミカン摘み」

(2018年11月25日号)

なんと可愛い幼児でしょう。幼い心の愉しい一瞬が見られて、私の心まで楽しくなりました。幼い時のミカン摘みは、頭の片隅に残ります。(70代女性)

2本のポールで健康づくり 天理大でノルディック・ウォ...

(2018年11月18日号)

中高年の方がウォーキングのときに使うものと思っていたが、若年層の利用も促していると気づく。また、身体機能が改善し、心が前向きになるという。心身両面に良い面があると知る(50代女性)

若者が語る親への感謝 天理総合学校講演大会

(2018年11月04日号)

天理高二部の久保さん、宋優奈さんの、親を想う気持ち、きょうだいを想う気持ちを、親神様・教祖は受けとられたのですね。真実ほど強いものはありません。私の二女も事情があり、二部に行きました。15歳の旅立ちのときは、親も子も二か月は泣き通しでしたが、娘も頑張り、私も頑張って、4年が過ぎ、娘は洋裁の専門学校へ行って手芸店に就職。パッチワークの先生の資格まで修得しました。いまは幸せな結婚生活を送っています。(70代女性)

学生時代に読書する意味 中江有里・客員教授が特別講演...

(2018年10月28日号)

中江氏は「学生時代の読書が、先の人生で実を結ぶ」と講演で語ったようだが、今の学生がうらやましい。私も在学中に、こんな魅力的な先生から読書の大切さを聴いていたら、人生の充実度が変わったかも。(70代男性)

〝心を磨いて〟最高の演奏  「こども音楽コンクール」...

(2018年02月25日号)

毎年「道の教職員 夏の集い」のプログラムの中で素晴らしい演奏を聴かせていただいているが、心を磨きながら練習に励まれている児童の皆さんにエールを送ります。(60代女性)

ページの先頭へ