新刊『笑うて泣いてまた笑て 妹尾和夫のしゃべくりエッセー』 発売のご案内

2021年8月10日

『笑うて泣いてまた笑て 妹尾和夫のしゃべくりエッセー』

妹尾和夫著
発売日:9月1日(木)
定価:1,430円(本体1,300円)
四六判並製/224ページ
道友社各販売所では8月25日(水)から販売します。

読書会の定期配本として、『笑うて泣いてまた笑て 妹尾和夫のしゃべくりエッセー』を刊行いたします。
内容は、2013年4月から今年3月までの『天理時報』同名連載を、再編集したものです。

妹尾和夫さんは、関西を拠点に活動している劇団「パロディフライ」を主宰する演出家・役者で、これまでに数百本の映画・ドラマに出演しています。また、『全力投球!! 妹尾和夫です。サンデー』(ABCラジオ)、『せのぶら本舗』(ABCテレビ)などで活躍中のパーソナリティーでもあります。
この本の第1章「しゃべりの仕事」、第2章「役者の道」、第3章「演劇の世界」は、ラジオやテレビ、映画、舞台などの仕事を通して出会った人たちとのエピソードを、第4章「心の故郷」は、天理中学・天理高校での青春時代の思い出や、両親、故郷の話などを中心にまとめました。
「布教所の一人息子として生まれ育った僕が、寄り道や回り道をしながらも、今日の日まで無事に来られたのは、ひとえに亡き両親のおかげです。特に、おふくろのものの見方・考え方を通して、おやさまの教えがおのずと身につき、それがいまの自分をつくってくれているのだと言えます」と話す妹尾さん。
間もなく芸能生活半世紀を迎える人気ラジオパーソナリティーの、豊富な話題と巧みな〝しゃべくり〟を楽しみながら、その人柄と信仰が感じられる1冊です。
なお、定期配本の発送は8月28日を予定しています。

本書は読書会の定期配本です

道友社書籍販売係
電話番号:0743-62-5388

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア