『天理時報』紙面立て変更などのお知らせ

2020年4月23日

新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的に不要不急の外出を自粛するよう要請されている現状において、『天理時報』の取材活動にも著しい影響が出ております。今年3月以降、親里管内の行事はもとより、教内の地域活動も中止や休止、あるいは規模縮小や開催延期を余儀なくされており、また教会や教区・支部、教友個人への出張取材もままならない状況にあります。

このように、教内のニュース報道が甚だ困難になっている現状では、紙面内容の変更とともに、記事掲載の紙幅を大きく見直さざるを得ない事態となりました。やむを得ず、5月3日号以降、従来の紙面構成である6面立てから、4面立てへと縮小して発行することに変更させていただきます。

さらに、6月以降は月3回の発行とし、そのうち最低1回は2週分の合併号としてお届けいたします。なお、急を要する教会本部・教庁などからのお知らせについては、インターネットの天理教ホームページにて随時発信いたします。
読者の皆さまには、今回のやむを得ない対応と措置について、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、このたびの紙面変更などに伴う購読料金については、次の継続時に経費を勘案したうえで、その差額を反映させていただくことを検討しております。詳しくは、道友社業務課「購読対応窓口」までお問い合わせください。

道友社業務課「購読対応窓口」
電話番号:0743-63-3726
(受付時間 9:30~16:30 ※日・祝除く)
Eメール:koudoku.taiou@doyusha.net

  • 読者モニターの声
  • 天理時報閲覧サービス
  • 時報から拾い読み

ソーシャルメディア