「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事 > My Favorite Place 天理是好日(小平尚典)

My Favorite Place 天理是好日(小平尚典)

vol.4 夏 〝あの日〟に思いを馳せて

(2020年08月23日号)

おぢばへの帰参ができない今日このごろ、素敵な写真と文章でおぢばの四季を見せていただいてありがたく思います。しかも、実際に行っても出合えないような風景なので、楽しみにしています。(50代男性)

2面をがばっと開いて、まず真っ先に天理の青空が飛び込んできました。来年はどうなっているか分からないけれど、またいつかおぢばがえりがしたいと思いました。(40代女性)

vol.3 6月 梅雨時の大和の景色を眺めつつ

(2020年06月28日号)

文章とともに写真からも、この季節の風情が十分うかがえて、懐かしい気持ちに癒される。先人たちが過ごした時代と同じ大和の情景に心が浸される。
(70代男性)

vol.1 4月 春に見えてくるもの

(2020年04月19日号)

私も写真を撮るのが趣味ですので、小平氏の写真はいつも注目しています。特別企画で写真にエピソードを添えて掲載くださるとのこと、嬉しいですね。別席場のシダレザクラは別格ですが、競技場の一本桜は初めて知りました。(60代男性)

新しい企画の「My Favorite Place 天理是好日」の写真と文からは、いまおぢばに帰りたくても帰れない人々の心に、おぢばの空気をリアルに伝えることができたと思う。今後もおぢばの空気を伝えていただきたい。(60代女性)

コロナで外に出られず春を感じにくい日々に、華やかなおぢばの写真が、私を励ましてくれました。別席場の枝垂れ桜や神苑の花壇は、コロナの中でも美しく咲いているのですね。来年は必ず、家族全員でおぢばの春を満喫したいです。(40代男性)

満開のシダレザクラが目に飛び込んできました。天理に行きたい、いつか行ける時が来たらとあらためて願いました。いま学校の9月入学案が出てきて、これからどうなるのかの不安も大きいですが、日本の4月からの新学期はやっぱり良いなと思いました。(40代女性)

人間は新型コロナウイルスで心も生活も変わってしまったが、サクラの美しさは変わりないし、今年も元気に咲いている。変わらない自然に心が癒された。(30代女性)

ページの先頭へ