「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事

連載記事

第二十話…大阪・柏原から竜田大橋へ 命がけでおぢばへ...

(2020年09月13日号)

厳しい暑さの中を、命がけでおぢばへ帰ったその当時の光景を思い浮かべ、非常に心に残った。大和川の写真も美しく、印象深い。(40代女性)

わずか150年前の話。教祖伝逸話篇からも不思議なご守護を頂戴したおたすけ話は数知れず。先人たちは教祖を信じきり尽くされ、素晴らしいご守護をいただいたのだ。(60代男性)

おたすけいただいた山本利三郎先生を通して、周りの人々をおたすけされておられるのですね。ご本人はもちろん痛み苦しみはあるでしょうが、運ぶ人、同行する人のつらさも一段です。その方々のその後も知りたいと思います。(60代男性)

日本史の先生を目指していた時があったのですが、その時その時の事実である史実はわかっても、実際の当時の人たちの気持ちや大変さなどの生活が分からなければ、本当に理解できたとはいえないと思っています。そういう意味で、「ひながた」をできるだけ当時と同じ状態でたどってみるということは、本当に意義深いことだと思います。今回の内容も、心に響くものがありました。(60代男性)

文と写真で学んだ後、QRコードから動画を視聴しました。目だけでなく、耳からも先人先生方の志や苦労が伝わってきて、味わい深い時間となっています。おぢばがえりの尊さを感じる記事にふれ、おぢばがえりできる現代の整った環境に感謝の気持ちがわいてきました。(30代男性)

私の先人の信仰ルーツがとても知りたい! そう思いながら毎回拝見いたしております。(40代女性)

逸話篇でこの話を読んだときは、どこかかしこまって読んでいて感動することはなかったが、岡田先生の文章と写真で臨場感が伝わり、山本利三郎先生が教祖に救けられた時の感謝と感激をストレートに味わうことができた。(60代男性)

逸話篇の世界を、写真と地図で紹介してくださるのは、心が晴れた。先人の歩みを知るなかで、身上を恐れるのではなく、ご守護に感謝し、親神様にもたれることが大切なのだとあらためて思えた。(40代男性)

過去何回も十三峠から竜田方面へ向かったことがあります。おぢばへの道程は写真の通りの風景がなつかしく、また徒歩参拝をしたくなりました。(70代男性)

このたびの動画配信のおかげで、岡田正彦先生に同行させていただきたいという念願が叶い、ますます先人の面影を身近に感じることができるようになった。(70代女性)

たすけ一条の拠点を欧州に 「ヨーロッパ出張所」開設5...

(2020年09月13日号)

これまでのヨーロッパでの天理教発展の歴史を興味深く読ませていただきました。他の国での海外伝道にとっても多くのヒントがあるように思います。これからも堅実な発展を遂げられるよう期待します。(70代男性)

この50年の間にフランスをはじめヨーロッパの状況は大きく変わった。社会情勢に影響を受けざるを得ないことも多々あるだろうが、元一日の心をあらためて結び直し、たとえ小さくても確かな歩みを進めていってほしい。(50代女性)

祖父母の背中に導かれて 第945期 望月俊さん

(2020年09月13日号)

修養科を志願するのは、何らかの理由があって3カ月間自分を見つめ直し、人さまのたすかりを祈るのだ。おさづけを取り次ぎ、祖母のご守護をひたすら祈る真実を神様は必ず受け取ってくださると思う。(60代男性)

おぢばでの伏せ込みを生かして、次への歩みを志している方の話は貴重です。(60代男性)

テレショップ奮闘記

(2020年09月13日号)

いま私の職場では、コロナ感染防止の観点から、お昼の食事中もおしゃべり禁止となっているが、雰囲気はまったく悪い。遊び心がある和んだ現場は必要不可欠である。(60代男性)

都会の中のぶどう園

(2020年09月13日号)

楽しい内容、食は生活の原点、元気の元です。(70代男性)

農業仲間や地域の人たちを巻き込んで、創意工夫をしながら、東京23区内で農業を続けている家族の心意気が感じられて良かった。(60代男性)

「にちにちに心つくしたものだねを 神がたしかにうけと...

(2020年09月13日号)

教会へは長年つながっていますが、いつも人様のこと、不安な社会情勢などの守護をお願いしてきました。今年のコロナ禍、私は水腎症の手術を受けました。7年前に腎臓結石がもとで腎不全になりかかっていましたが、今回の手術後の検査で不思議にもその心配がなくなっていました。これは神様が受け取り御守護くださったのかと、よろこばせていただいています。(60代男性)

ケース⑤〝特別な夏休み〟を振り返って

(2020年09月06日号)

自身も子育て中であり、興味深く読み進め、「クールダウンプラン」が印象に残った。コロナの影響で自粛生活が続き、家庭で共に過ごす時間が長く、イライラしっぱなしである。怒りが爆発しそうな時には、まず6秒間のクールダウンを心掛けたいと思う。(40代女性)

クールダウンの6秒間をどうやり過ごすか、自分にとって非常に長い6秒間。おさしづのお言葉がとても心に響く記事であった。(40代男性)

夏休み時期に、タイムリーなテーマだった。春のコロナ休学もあったため、今年は子育てに苦労を感じる家庭は多かったと思う。このようなテーマが取り上げられることで、悩んでいるのは自分だけでないということが悟れ、胸をなで下ろすことができると思う。(40代男性)

自分から変わる

(2020年09月06日号)

最近、仕事や日常生活の中で、何か嫌なことがあったり、自分の思い通りに事が運びそうになかったりしたときには「逆にこれはチャンスだ!」と声に出して言ってみることにしている。何度か自分に言い聞かせるようにぶつぶつ言っていると、本当にチャンスに思えてきて、ポジティブに考えられるようになってくる。自分から変えるということは、自分の発想を変えることから始まるのかもしれない。(50代女性)

「人のことを変えるのは大変、自分が変わるほうが早い」と頭で分かっていても、つい人に求めてしまう。自分を見つめ直すきっかけとなった。(40代男性)

悪者探しをせず、自分が変わる、気づくことは大切だと思います。一人ひとり正義が違うため、自分が正義だと思わずに聞くようにしています。(60代女性)

第2回「逸話篇」

(2020年09月06日号)

働く中で人間関係などに悩むことがあり、記事を見て働き方のアドバイスをいただき、元気をもらった。(50代女性)

モニター各人にとって忘れらない教えを、逸話篇の中から抽出して紹介されている。あらためて逸話篇をひもといて親しむ好機となるものであり、得心のいく新しい企画となっている。(70代男性)

思いがけない休暇のおかげで

(2020年09月06日号)

ニュートンのことや物理学についていかに無知であるか、いまさら自覚したように思う。本当に何が起こるか分からない時の流れの中で、いつも神様への感謝と慎みの心は持ち合わせたいと思いました。(70代女性)

最後の十行が良いですね。(70代男性)

ただの休暇でしかない故郷での日々を創造的なそれへと昇華させたところが、やはり凡人とは違うなぁと感心。もちろん休暇を得て単に時間ができたから……だけでなく、それまでのニュートンの知と思考の積み重ねが「奇跡」を呼び寄せる力になっていることは間違いないだろう。(50代女性)

ニュートンの業績の背景に、感染症による休校の期間を有効に使ったことがあるというのを初めて知った。学生生活が一変して困惑している今の大学生たちにぜひ読んでほしい記事だ。(60代男性)

歴史好きの私には、毎回楽しみなエッセーです。(60代男性)

ページの先頭へ