「天理時報」読者モニター アンケート

もどる
ホーム ホーム > 連載記事 > 第13期 読者モニター

第13期 読者モニター

お道のライフスタイル 〝逸話のこころ〟を暮らしに生か...

(2019年09月01日号)

いま、まさに私が直面している問題でした。「暮らしの相談」の内容がリアルでした。(30代女性)

かしもの・かりものの教えから、口、舌、喉、耳などの使い方を間違えてはならないと再認識した。また、お互いの気持ちを理解させてもらう努力をしていかなければならないと感じた。(50代男性)

最近、この「言葉一つが肝心」だと強く思う。20数年連れ添った妻と何か話をするとついつい強い口調になったり、相手の言ったことを否定してかかったりすることがとても多いと反省する。しかし、反省してもつい心安いので同じことを繰り返している。(50代男性)

ナビゲーター飯降多鶴先生の「夫に対しても、子供に対しても、どんなに小さなことであっても『ありがとう』の言葉を心がけています」との言葉が心に残った。また、それに続く「『ありがとう』という言葉は、相手への尊敬の念と心配りがないと出てきません」との一文が印象的だった。(40代女性)

暮らしの相談に合わせて年齢、立場の異なる人から意見を聞くのはいいですね。中には自分に当てはまるものがあって、分かりやすく納得できると思います。(60代男性)

お道のライフスタイル〝逸話のこころ〟を暮らしに生かす...

(2019年06月23日号)

モニターの皆さんの意見を知ることができ、とても勉強になりました。(30代女性)

「教祖の教えは説明して伝えるものではなく、自分の生き方を通して〝伝わる〟ものだ……」と解説するナビケーターの意見はその通りだと思う。だが教えを「言葉」と「文字」で表現する必要はあるのではないか。その限界を感じつつ、試行錯誤する。それが伝道だと思う。(50代男性)

教祖のお言葉は、令和となった現代でも生き続けています。私たち信仰者は、実行あるのみです。たくさんの方の実践にふれることによって、人生の選択や幅、視点を拡げてもらえる貴重な企画だと思います。(30代男性)

ページの先頭へ